SDGsとは

SDGs(持続可能な開発目標)とは、2015年9月の国連サミットにて採択された「持続可能な開発のための2030アジェンダ」に記載された2016年から2030年までの国際目標です。持続可能な世界を実現するための17のゴール・169のターゲットから構成され,地球上の誰一人として取り残さない(leave no one behind)ことを誓っています。

参考:外務省 JAPAN SDGs Action Platform

SDGsに賛同した事業活動

丸美陶料では、働きやすい環境づくりや、資源循環型リサイクルを意識した製品の研究開発を行ってきました。
これからも当社として「SDGs」に賛同し、社員の働きやすい環境づくり、地域資源の保全、地球環境問題などを意識して事業活動に取り組んでまいります。

当社の取り組みについて

①よりよい職場づくり

年齢・性別を問わず、全ての社員にたいして働きやすい環境を提供できるよう努めてゆきます。
残業ゼロ、年休確保、高齢者雇用など積極的に取り組んでまいります。
②持続可能な経済成長

素材を通して技術革新に努めるとともに、高付加価値の創造に努め、企業の成長と共に地域社会に貢献してゆきます。
③持続可能な消費と生産

循環型リサイクルを意識し、限りある資源の完全リサイクルを目指して事業活動に取り組みます。

 

資源の完全リサイクルを目指して

リサイクル化がどの分野でも活発に取り入れられ、開発されています。
いったん廃棄物になったものが、更に蘇り、新しい原材料となって、又新しい分野に活用されていきます。

世界的レベルでの環境問題を窯業界でも真剣に受け止め、循環型リサイクルシステムの活用で限りある資源の大切さに重視し、環境負荷低減に取り組んでいます。

循環型リサイクルシステム

  • 安全で実用性(生産、使用両面)があり、循環化適合率を持つ坏土を使用したタイルの開発
  • 地場窯業界で発生する産業廃棄物を、最終処分することなく、リサイクルさせていくシステムの構築
  • 消費地から廃棄処分品の回収システムの構築
  • 環境に配慮したリサイクルをする為、再原料化における製造エネルギーの軽減化を図る
  • 窯業資源の枯渇問題にも有効なシステム